FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京遠征(4)

さてさて、東京からの帰り道。
またまたぽんちゃんと二人きりのラブ2タイム。

まあ、また帰りも妙な萌えないDVD見せられたけどね(笑)
しゃーないわな。エゴマゾだから(艸∀≦o)


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

DVDを見ながらの、とりとめのない話。
と、突然、今まで聞いたことのないような話題を振ってくる。
『自分はらおさんにとってどんな存在?』

さて。
これまで、あたしたちはこの手の話題に触れてこなかった。
方や既婚男、方や恋人在りの独身女。
愛だ恋だと語るような間柄じゃない。
おまけにあたしは主従的な関係を求めておらず、
このときもちょうど、鞭の練習台を募集している時だった。

つまり、あたしは不特定多数を相手にしようとしているS(もどき)女であり、
おまけに二人は世に言う『不倫』関係以外の何物でもないのだよね。

だから、上記のような話題はタブーと言っちゃタブー。
でも、当然と言っちゃ当然。
そんな話題になっちゃったものはしょーがない。
その手の話題でつらつら話しながら、高速をひた走っていた。



あたしは思う。
彼のことを散々エゴマゾと書いてきたけれど、
彼は欲の無い男、もしくは業の深い欲を見せない男だ。

『こんなことしてほしい』とか『気持ちよく出したい』とか、
そんな欲は大した欲じゃない。
あたしにしてみれば、お安い御用だ。
だって、そんなことは、あたしの時間の中のほんの少しをあげたら用足りること。

対して、
『エゴは言いませんから奴隷にしてください』
こういうのは業が深い欲だ。
だって、行為の種類は問わないけれど、
自分を特別な存在だと思ってくれと言っているのだからね。
何故あたしが『特別な感情を持て』と言われなきゃならん?
あたしのどれだけの時間を求めているのだよ?
と、感じてしまうのだ。



ということで、初めて顔を合わせてから半年。
彼が『特別な存在』を意識していなかったのか、
それを口にすべきでないと感じていたのか、
そんなことは知らない。

でも、半年かかってやっとそんな話題を振ってくるあたりに、
『求めるよりも、先ず行動』
という、潔さというか、男っぷりのよさを感じてしまったのだよ(笑)

だから、もし彼との関係があっという間に終わってしまうとしても、
あたしはきっと
「イイ男だったな~」と思えるはず。
というくらい、あたしは彼に入れ込んでいる♪

ああ、また惚気てしまった(汗)






そして。

重ねるように、妙なことを言ってくる。

『鞭もがんばりたい』
「?????」

痛みにはからっきし弱いくせに(笑)
何か心境の変化があったのかしらん?
股間を擦っているだけで、ズボンにまで染みを作っていたのだけれど。
この台詞は股間の影響?

てか、あんた、こんな話して寄り道したくなってるでしょー(艸∀≦o)
やっぱ前言撤回!!
強欲なエゴマゾ以外の何者でもなーい(*´∀`*)



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。